スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
さかのぼって Part2
2008 / 09 / 25 ( Thu )

前回、倉敷に行った後で・・・

それまで住んでいたところから、急遽我が家の隣の

夫の実家が持ってる物件の借家が空くことになり

毎日、孫を預けて我が家から仕事に行ってたお嫁ちゃんも

大変だろうと言うことで・・・

息子達家族は我が家の隣へと引越しをした。

それにより、若干だけど・・・駐車場分くらいがお安くなることになった。

お嫁さんも・・・・午前中我が家でじっとしている時間

洗濯やお片づけ、離乳食作りなど出来ることが沢山あるし、

時間を有効使えると・・・。

なにより、私が楽になった。

送りに行ったりしていたのが無くなったしね~~。

私も時間を有効利用出来る様になったから~~。




銀行へローンの申請を出しているが

これがなかなか通らない。

5月、中旬に岡山へ。

今年になって2回目の倉敷入り。

間取りの変更もあり、あれこれ相談。

息子は・・・ガレージ付きにどうしてもしたかったのだが

皆の反対と、お金の都合上、断念。

お嫁さんは

「せっかく家を新築するんだから、希望を叶えてあげたかったんですけど」

ととても優しい事を言ってくれて、ありがたい。

しかし・・・おじいちゃんの言う お座敷を広くは・・・

若干小さくなっても残す事に。

これは近所の方の集まりや親戚の集まりに対応しなくてはいけないため。

新しく家が建ったら・・・お呼びしなくちゃいけないんだろうな・・・。

大変だぞっ!!!

今回は小さくした間取りの打ち合わせ。

でも行った意味があるのかな?と言う感じ。

息子達はいつでも契約できるようにと・・・印鑑類は忘れずに持って行く。



今回はいったい何が出来たんだろう?

まぁ・・・無駄足になっても仕方が無いけど・・・

銀行からは良いお返事をいただけない。

土地はあるものの・・・建物だけの金額にすると高いって事?

今の世情から考えると家を新築するには適していない時期なのかもしれない。

それをあえて挑戦するんだから・・・あっぱれなのかも。

来年3月完成になると・・・息子は23歳で家を建てることになる。

私達夫婦は夫が30代に突入してから家を購入したから

異例の早さなのかも知れない。

仕事の経験も少ない、お給料も少ない・・・

そうなれば銀行もウンって首を縦にはなかなか振らないんだろう。

でもね・・・・バックボーンがしっかりしていると思うのだけどね。




息子達、なぜこんなに早く若い年齢で家を建てようとしているか・・・

その辺の事を・・・

昨年孫娘がまだお腹に居た時

私は長男と実家に夏に帰省した。

父から

「今回来たのはただ遊びに来たわけじゃないだろう?

ちゃんとT(兄)と話し合って欲しい」

と言われたのが・・・滞在2日目の夜。

私の中で

「まだ先で良いだろう」

と思っていたこと。。。

次男夫婦(今回家を建てる息子)を養子縁組して

私の実家の名前を継いで貰う事。

兄と私は1歳3ヶ月違いの兄妹で、他に兄弟は居ない2人っきりの兄妹。

私は25の時に夫と結婚し、ずっと東京暮らし。

倉敷と東京、離れすぎているのが気になったが・・・



T兄にはお嫁さんが来ていなく・・・しかし、これから先

私はもしかしたら結婚するかもしれないではないかと思っていたのだ。

T兄と話をして・・・

「この先結婚はしないから、次男夫婦と養子縁組をしたい」

と言う返事を貰った。

幸い私には2人の息子で・・・長男は夫の実家が絶対手放さないと分かっていて

次男の事は 「倉敷の実家を継げば?」

という義母の言葉もあったので・・・

もう・・・次男の小さい頃からこういう運命にあったのではないかと思う節が

お腹から孫が出てくる前に縁組をしていなければ・・・

息子達夫婦の途中で名前が変わるのは大人達には支障は無い。

しかし・・・孫が高校生などになって自分の戸籍を見る機会があった場合

何故自分が 途中で名前が変わったのか?を不審に思うときが来るかもしれない。

そうならないためにも孫のために、産まれる前に名前を変えておこうと・・・

問題は夫の実家。

父母兄と3人で急遽挨拶に来て貰う。

それと同じように、お嫁さんのお父様、お母様にも・・・ご挨拶。

私の実家を継ぐ為にまたまた名前が変更になる。

それって戸惑うばかりの事件だろう。

しかし、結婚する時から、そう言う話をしていたからか・・・

理解を示してしてくれて、倉敷に移住する話も納得していただいた。

本当にありがたい事だと心から思う。

当時住んでいたK市に養子縁組の手続きを提出して

5日後に孫娘が誕生した。

考えたら、ギリギリの決断だったんだと・・・。



それから・・・倉敷に移住する、移住したいと言う話に。

東京で生まれ、東京で育ち、倉敷に友達さえ居ない。

それでも早くに倉敷に行った方が良いと思った息子の心の中は

「子育てをするには東京でするより倉敷の方が良い」

ゆったり子育てをしたいと思うからだと・・・。

反対する理由は無かった・・・私には。

夫の方は

「なにも焦って行く事無いのに」

でも今は東京だから特別と言うことも無いのではないだろうか?

どこに居ても違和感無く生活できる。

むしろ、東京で高い家賃を払って生活する苦しさを考えたら

空気の良い田舎でちょっと行けばあれこれ生活に支障ない買い物も出来

広い庭の有る生活の方が良いのかも知れないと・・・




さて・・・続きは・・・8月に倉敷に行く事に・・・

はまた後日・・・。


スポンサーサイト
15 : 25 : 07 | 準備 | コメント(0) | page top↑
<<さかのぼって・・・1 | ホーム | 本年3回目の倉敷行き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。